2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ついたー

めーる

  • コメントしづらかったり、管理人への私信はこちらへどうぞ~。 メアドは必須じゃないよ

ペット

見に来てくれた人

  • 無料・カウンター
    Today:

    Yesterday:


    エッチ無料・出会い裏dvd 販売不倫 人妻大人の玩具

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の記事

2010年7月26日 (月)

学生さん特有のアレ

8月の頭から学生さん特有のあれアレ期間に入ります。
一応普通に学校には通いますが
それでも時間に余裕ができるのは事実!!
3は上位に上がってすぐストップしちゃったからのぅ
最終ランクまではあげときたいけども
Fも捨てがたかったりする。

とかいって悩んで結局どちらにも手をつけないパターンのやつかもしれん



夏の終わりにはアイルーのポカポカ日記がでるので
それは確定だがなっ!!!

2010年7月24日 (土)

あなたが私にくれたもの

キリンが逆立ちしたピアス~


今週は学校の正規授業が最終の週でした。
で、さすが専門さん学校という感じですが
今週は怒涛のプレゼンテーションラッシュでした。
いやもう必死必死
必死の割りにボウリングとかいっちゃってるけど必死必死
だからだよとかいう自分への突っ込みは無視するとして
でも、人前で自分の考えや作ったものを発表するというのは楽しいもので
面白かったです。
中には高評価を貰ったものもあって
私にしては頑張ったんじゃないかなと思いますが
でも、まぁ、まだまだです。
正直プレゼン中とか余裕が全然なかったりするので
もっと余裕のあるプレゼンテーションをしたいなぁ、、、と
こればっかりは慣れと経験になるので致し方ないところではあるのですが
頑張りたいです。

私なんかは技術とかあまりないのでプレゼン勝負的なところがあったりして
皆はまだ自分の作品の60%ぐらいしかいいところが発表できていないので
私は150%とかちょっと割り増しぐらいで発表できるぐらいの勢いが必要だったりします。
頑張れ私!!

てな感じですわ~~


夏休みはあってないようなものになりそうなよかーん
っていうか、休んじゃだめな気がするー
そんな余裕もないだろうしね

2010年7月19日 (月)

ついたー

いまさらながらにはじめてみた
ブログ更新はできなくてもつぶやくぐらいのことはできるかもしれないからね!
がんばるよ!!

2010年7月 4日 (日)

ココアを注文するやつは敵

喫茶店でバイトしてます。なう
ホールも厨房も両方やらされてます。なう
ホールは楽です。楽しいです。疲れるけど
厨房は熱いです。ドリンク覚えるのが大変です。
ソフトクリームが巻けません!!



ねえ、
なんであの店、
アイスココアにソフトクリームのせるの?
もうすでにそれはココアじゃねえよ!!

そんなバイトです。なう



ところで、
ツイッターがいまだになにかよくわかんないです。
完全に流行に乗り遅れてる感じ。なう


専門さんはちょっと失速してきた感が否めない感じ。
頑張らなきゃなんだけど頑張れない。そんな感じ。
周りの年下の子達とかは私より全然凄くて焦りばかりがつのる。そんな感じ。
でも、まぁそこんとこは経験の差ってやつでなんとかしてます。なう

楽しいからいいんだけどね!!


話は変わって


私、映画観賞が趣味だったりします。
で、最近見た映画は松たかこ主演の映画「告白」
題名からして青春映画みたいですが騙されてはいけない!
中学二年生の話ですが、青春映画ではありません。
いや、ある意味では青春映画なのかもしれない。

内容はもうなんていうか、映画館行きましょう!!
ってぐらい、言うのがはばかられるような内容なんだけど
凄い映画です!!

見せ方というか、演出というか構成というか展開というか
ここまで完成度の高い作品を見たことがないというぐらい凄い作品でした。
もうね、日本映画は心理描写させたら世界一だよね。マジで
繊細な感情表現がうますぎるよ、ホント。

ここ数年で見た映画ではダントツ凄い映画でした。
エンドロールで立って出て行く人がいないんです。
そして、場内が明るくなった瞬間に響くため息。
映画館を出て行く暗い表情の数々。
皆、最悪な気分で映画館を出て行くんだ!
凄いでしょ?(笑)


本当に色々なことを考えさせられる映画です。
R15指定とかされてましたけど
普通にR18でギリギリな気がしますよぼかぁ


そんな映画でした。
是非、見ていただくことをお勧めします。
皆が同じ気分にはなるけど、同じ気持ちには絶対にならない
ぐらい感想が三者三様になると思います。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »