2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ついたー

めーる

  • コメントしづらかったり、管理人への私信はこちらへどうぞ~。 メアドは必須じゃないよ

ペット

見に来てくれた人

  • 無料・カウンター
    Today:

    Yesterday:


    エッチ無料・出会い裏dvd 販売不倫 人妻大人の玩具

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大丈夫か私?! | トップページ | 箱入り豚 »

2009年1月28日 (水)

犬、犬、犬!!のはずじゃなかった・・・?

試験勉強のために生類憐れみの令についてまとめたんですが、中々に面白い内容だったのでちょっとブログに書いてみる。


まず生類憐れみの令は元々犬のためのものではなく、「捨て子・捨て馬禁止令」がさきがけとなっています。
犬関係については当初は紐で繋がなくてもいいよ~~ってぐらいのものでした。

で、この法令が出る前から各藩では犬殺しの禁止とそれに対する処罰を設けてました。
これはカブキモノと呼ばれる言ってしまえばチンピラのような人たちが、野良犬・飼い犬の区別なくとっては食べていたからです。
犬を食べる風俗は普通にあったらしいです。
鷹の餌とかにも重宝されてたらしいです。犬。
まぁそんなこともあって犬殺し、ひいては食犬をやめさせようって動きはずっとあったんですな。治安維持的な意味で。

まぁ幕府からでた生類憐みの令も元々はこのためだったといわれてます。
が!ご存知のように時の将軍綱吉公の個人的な感情により犬まっしぐらな政策にシフトしていくのです。

大名に命じて犬収容所を作らせたりもしてます。
この犬収容所ってのが半端なもんじゃなくてこれを作った藩が財政難に陥ったというぐらいのもなのです。
作った目的は人に害を及ぼす犬の隔離や繁殖の抑制なんかだったらしいです。

で、令が出るまでは犬を殺しても数日から数十日拘束される程度のものだったのですが、令が出てから、特に収容所が出来てからは異常なものになって行きます。
犬を殺したものは引き回しの末死罪。これは人を殺した場合と同じ罪状です。
さらに犬を殺した人を密告した人には20両の報奨金が!!
最終的には50両もでたらしいです。
1両は大体10万円前後らしいので、200万とか500万貰えるのです!
どんだけ異常かよくわかりますね(笑)

結果的に野犬被害がかなり増加して治安は悪化。
なんとも本末転倒な政策だったわけですな。
まぁ犬大好きな綱吉公は満足だったんでしょうが。



しかし、実際のところはざるな法律でして、地方では全然守られていなかったらしいです。
藩主が既に守ってないとかって状況だったので、地方の人間は馬鹿らしくて守ってなかったんでしょうね(笑)

« 大丈夫か私?! | トップページ | 箱入り豚 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90058/27526798

この記事へのトラックバック一覧です: 犬、犬、犬!!のはずじゃなかった・・・?:

« 大丈夫か私?! | トップページ | 箱入り豚 »