2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ついたー

めーる

  • コメントしづらかったり、管理人への私信はこちらへどうぞ~。 メアドは必須じゃないよ

ペット

見に来てくれた人

  • 無料・カウンター
    Today:

    Yesterday:


    エッチ無料・出会い裏dvd 販売不倫 人妻大人の玩具

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 9万ヒット! | トップページ | チャット会レポートその3~猟団の存在意義とは~ »

2008年9月10日 (水)

チャット会レポートその2~団長とは~

というわけで、チャット会のことをレポート化して書いていこうという。
物凄い自己満足な記事パート2でござい。
前回は「猟団の大事なものとは」というテーマでしたが
今回は「団長と団員の違いについて」といったものがテーマになります。

前提として
・ある程度の規模の猟団である
・猟団員たちはフレ同士から始まった身内ではない
というのをもって話していきますので、特に注釈がない場合は上の2点で話を読んでいってください。


さて「団長と団員の違い」についてですが
これは最初に結論言ってしまいます。
違いはあります。
これはまず間違いないでしょう。
団長しか団員の管理が出来無いや狩人祭の参加など団長にしか出来ないことはあるので
システムの観点からみてまずあるといえます。
それに、ほとんどの団長がそうであるように、団長は団を作った人であるといえます。
団を作った人間は自分の団の方向性をまず決めることが出来るでしょう。
そういった意味でもまず違います。


ただ、今回の議題は単純に「システム上の違い」ではなく
「1ユーザーとしての違い」になってきます。
つまりは、一緒に遊んでいて違いはあるのか?ってことですね。

まず、団を作ったのが団長である以上、その団を維持していく義務が団長には発生してきます。
団員の維持なり、自分のオン率であったりそれは様々です。
そういったものが出来ない人間は団長たる資格はないと言えます。(事実オンしてこない団長は地位を剥奪されるという仕様が存在します)
それが団長としての最低限の責任なのですから。

ここからが、団長としての資質の問われるところではあるのですが
ほとんどの猟団がまず公式掲示板で勧誘をすると思います。
そこで勧誘を受け、団員になった人がいるとしましょう。っていうか、おそらくはほとんどの人がそうであると思います。
そういう人は猟団の中の知り合いと呼べる人間は勧誘をしていた、もしくはしてくれた団長しかいません。(広報とか役職のある大型の猟団ではどうかわかりませんが)
そうなったときに、その猟団に溶け込めるか否かはまずは団長の手腕にかかってきます。
手腕といったら大げさですけど、うまく新人さんの不安を解消させられるかどうか。ってところですね。
まぁ、まずは団長。という話なので、以降は団員にも責任は発生してきますが。


さて、折角「団員の責任」という単語が出てきたので少々話を脱線させましょう。
上に述べましたが、団長はその団を作ったからにはその団の方向性を決めることができます。
それが
ガンス猟団にしろ
弓猟団にしろ
支援猟団にしろ
です。
ただ、団長一人が頑張ってもあまり意味はありません。
団長と意志を同じにし、団を作っていこう!とする団員が必要です。
色を作るのが団長なら、それを真っ白なキャンバスに馴染ませていくのが団員なのです。
そこで重要になってくるのが
団を作ろう!としたときに真っ先に団長の考えに賛同し、意志を共にしようとした団員たちなのです。
要は、成立初期メンバーが猟団にとっては大事なものである。ということです。
これは土台の部分の話になるので、同じ大事なものであっても前回の話とはまたちょっと違ってくるのです。


で、話を戻しますが

しかし、上記のことはあくまでそれなりの規模の猟団である。ということが前提となっているので、じゃあ小規模な猟団ならどうだ?ってことですよ。
これはあくまで個人的な考えですが、大規模であろうが小規模であろうが変わらないと思います。
公式掲示板を読んで団に入ろうと思ったのならば、色を作った団長に賛同して入ろうと思ったわけですから、団員からしてみたらまず団長と親しくなろうという考えは当然あります。
どんな考えを持っている人間かも、猟団の方向性からなんとなくわかってくるところもありますし、どういう人間かがわかっているかどうかだけで、接しやすさというのは全く違ってきます。
つまり、新しく猟団に入ろう。と思っている人間からしてみたら団長と団員の違いはあるのです。

まずこれが客観的に猟団を見た場合の団長と団員の違い。


じゃあ、外から違いはあるといっても、中から見たとき(つまりは猟団に入ってしばらくしてから)に団長と団員の違いはあるのか?って話が続きます。

これはぶっちゃけますが
違いはありません。
全くもってありません。
あるべきではあると思いますが、無いと言っていいでしょう。

んーー、そうですねぇ、例を出して説明していきましょうか。
まず、大規模猟団である場合、団員全てが集まることは極まれであると思います。
そういったときに、団員全てを集める猟団集会なるものを開くとしましょう。
これは、団長が開くべきではあるものであるにしても、団長が必ずしもやらなければいけない。というものではありません。
団長以外にも団の中には人望のある人はいるでしょうし、所謂ムードメーカー的な人もいるでしょう。
団長でなくてもそういった人たちが声をかければいいのですよ。
「皆集まろうぜ」って。

ただ、そういった人がいない場合その役は自然と団長に回ってくるわけで、そういった意味での「あるべき」なのです。

他にもですね、
例えば狩人祭の呼びかけであったり
例えば韋駄天杯・釣り大会(正式名称忘れた 笑)の呼びかけ
なんかは団長がやるべき仕事ではありますが、必ずしも団長がやらなければいけない仕事ではないわけで
そこを「団長がやらなきゃいけないじゃん!」と団長をせめるのはお門違いであると言えます。
団員同士で呼びかけあえるわけですからね。


つまり、中から見た団長というのは違いが「あるべき」ではあるが「ある」必要はなく
結果として、団員も同じことが出来るのであるならばそれはそもそも「違い」ではなく
「責任」ということになっていくので
違いはありません。




というわけで、

システム上の団長
外からの団長
中からの団長

と3つの側面から見てきたわけですが
チャット会で出た結論はおおよそこんなものだったはず!!
や、チャット会では3つを分けて議論していなかったので
微妙にすれ違いが発生していたりしてたのですよ(笑)

違いはある!派の人たちは外からもしくはシステム上を見ての意見
違いはない!派の人たちは中からの団長を見ての意見

かみ合うはずがなかろーもん(笑)


さぁ、ハイハイまとめるとデスネー

システム上は当然のように違いが存在する。
外から猟団を見たときもこれまた違いは存在する(外にアピールしているのは団長だからね)
中から猟団を見たときは違いは存在しない(全てにおいてそれが団長である必要がないからね)

そんな感じです。
まだチャット会の話題は残ってまして(苦笑)

次回は「猟団の存在意義」になります。
まぁこれは簡単に書けると思います。
ではではーー

« 9万ヒット! | トップページ | チャット会レポートその3~猟団の存在意義とは~ »

モンハン フロンテア」カテゴリの記事

コメント

あくまで・・・見知らぬ他人だけが集まる猟団と言う前提でしたら、中から見ても違いはあると思いますよ?w
その例にある集会とか狩人祭りとかですが、団長が声をかけたら、それは団の方針としての重みを持ちます。
一般の団員が声をかけるのとは、精神的なプレッシャーが異なりますよね?
少し乱暴に言えば・・・団長が声をかけて、それに応えなければ・・・その人はクビになる可能性があります。
しかし、一般団員が声をかけた際に無視しても、何もペナルティーはありません。
団長は団を管理する責任と共に、団員を脅迫する権利を持っているのです・・・同じ事がシステムとして可能だからと言っても、精神的には物凄く大きく違いますw
だからこそ「必要最低限の管理しか行わず、黙して語らない」なんて管理方法を取ってらっしゃる団長さんも世の中には多いのです。
理想論は横に置いておきまして、実情を考えますと・・・猟団って、要するに羊を追い込む柵なのですよねw
これは「存在意義」と言う所にかかっていくのかもしれませんが・・・上手に道具として使う程度に考えておいて、あまり期待を持ち過ぎない事が、精神衛生上は良いのかもしれませんよ?w

まぁ実情はそんなもんでしょうね~
今回のチャット会は「現状の話し合い」ではなくて、「猟団とは?」みたいな
「である」論ではなく、「べき」論でしたので基本的に皆さん自分の理想を話し合っていたのですよーー
多分。

ただ力があるからといって権利があるのとは違うんじゃないですかね?
それはあくまでも、団に合わない団員を除名する権利であって、個人的に気に入らない団員を除名する権利ではないですよね?
力は基本的に使う人間次第ですから、権利云々は違うと思います。

そもそも、今のFで団長が力を持っている団でも、団長の命令に背くと団をやめさせられる!なんて思ってやってる人はいないでしょう(笑)
そういうことを思うならその人は団やめてますよb

だから、実質意味ないんですよ。たとえ脅迫する権利があったとしても。ね
実情として、公式掲示板で猟団探せば引く手数多なのですから(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90058/23638744

この記事へのトラックバック一覧です: チャット会レポートその2~団長とは~:

« 9万ヒット! | トップページ | チャット会レポートその3~猟団の存在意義とは~ »