2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ついたー

めーる

  • コメントしづらかったり、管理人への私信はこちらへどうぞ~。 メアドは必須じゃないよ

ペット

見に来てくれた人

  • 無料・カウンター
    Today:

    Yesterday:


    エッチ無料・出会い裏dvd 販売不倫 人妻大人の玩具

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 強敵現る?! | トップページ | ちゃちゃぶ? »

2008年5月 2日 (金)

矢の種類ごとのダメージ量

Fでのシーズン2.5現在のデータですので
他シリーズもしくは今後のアップデートで変わる可能性があります。


まずダメージ量を出すための計算式ですが
細かいところまで書くと

物理ダメージ = 武器倍率×弓矢×溜め段階×距離修正×ビン有無×スキル×肉質×武器補正×会心

というものになります。
ですが、今回は矢の種類(連射・貫通・拡散)のダメージ量の差を調べたいだけなので
単純に武器倍率X弓矢でいきます。

武器倍率っていうのはなんかもう物凄いややこしいものなんですが(説明がメンドイ 爆)
今回はそういうややこしいものを全部抜きにして
攻撃力÷武器ごとの倍率(弓は1.2倍)でいきます。

因みにですが、この武器ごとの倍率っていうのは大剣・太刀が4.8倍(つまり割る4.8)
ハンマー・狩猟笛が5.2倍(割る5.2)になってますので
結構ゲーム上の攻撃力ってあてにならないことがわかりますね。
例えば大剣(4.8)のリュウノアギトは攻撃力528ですが
計算式上は110で計算されちゃうってことなのです。世知辛いですね(笑)

そして、かなりどうでもいい豆知識ですが
各武器は全て武器倍率で割ると自然数になります。
ようは、大剣・太刀なら48の倍数
ハンマー・狩猟笛なら52の倍数
ボウガン・弓なら12の倍数になっています。
信じられない人はご自分で計算してください(笑)


それを踏まえた上で計算がややこしいのは嫌なので
わかりやすいように弓の攻撃力を120と仮定して
武器倍率を100とします。

で、次に弓矢ですが。
これは矢の倍率になります。
矢の倍率は以下
因みに()内はドスの倍率


【連射】
Lv1:12(12)
Lv2:12-4(12-5)
Lv3:12-4-3(12-5-4)
Lv4:12-4-3-2(12-5-4-2)

【貫通】
Lv1:6x3
Lv2:6x4
Lv3:6x5
Lv4:6x6

【拡散】
Lv1:4-5-4(3-4-3)
Lv2:5-6-5(4-5-4)
Lv3:4-5-6-5-4(3-4-4-4-3)
Lv4:4-6-6-6-4(3-4-5-4-3)



のようになっています。
連射は一番上の矢から順の倍率
拡散はそれぞれの位置関係の倍率になっています。

で、この数字を%にし、武器倍率とかければ単純なダメージ量が出ます。


と、言うわけで、武器倍率を100にしちゃってるので
上記に記した数字がそのまんまダメージ量になっちゃうわけですね(笑)

そういうことなんで、一応全弾命中したときのダメージ量が

【連射】
Lv1:12
Lv2:16(17)
Lv3:19(21)
Lv4:21(23)

【貫通】
Lv1:18
Lv2:24
Lv3:30
Lv4:36

【拡散】
Lv1:13(10)
Lv2:16(13)
Lv3:24(18)
Lv4:26(19)


になるんですよ。

おーーー連射弱くなったのね(笑)
そして拡散強くなったのか。

まぁわかると思いますが
これはあくまで机の上のデータであって
実際これがあてになるかと言えばそうではないんですよね。(目安にはなりますが)

例えば
全弾命中させることが難しくない連射に対して
貫通・拡散を全弾命中させるには相当な技量が必要です。
ましてや貫通についてはボウガンで全てをクリティカル距離に収めるのが不可能ということがわかっていますので、おそらく弓でも同じでしょう。

さらに言っちゃえば
「弱点を狙う」ということに関して言えば
貫通・拡散にはかなりの苦手分野です。
貫通は文字通り矢が貫通していっちゃうので弱点部位が縦に広くない限り効果があまり発揮されないのです。(グラとかガノとか)
拡散も文字通り拡散しちゃうので、弱点部位が横に広くないと駄目です。(ガノとか)
しかし、連射は発射された矢が纏まって飛んでいくため弱点部位が狭くても十二分に威力を叩きだすことができます。(ディアとかテオナナとか)

んが!
グラビなんかは連射でいくと弱点部位(腹)に当たる前に羽に当たっちゃうことのほうが多いです。そんなときは貫通のほうがいいってわけなんですよね。

さらにさらに~~!!と考えていくとキリがない上に
上記に記したダメージ量は肉質を完全に無視していますので
貫通や拡散などの複数の部位にダメージが拡散する矢はまた全然変わってくるわけで
そうなってくると本当に上記の数字が意味のないものだってわかってきますよね?

んじゃ、何で書いたんだよって話ですが、
意味がなくとも一応の目安にはなります。

例えば
単純に考えて貫通は3発当てれば連射Lv3に匹敵するダメージ量を叩き出せるんだな。とか
あっ!拡散って思ったより弱くないのね(ココ重要っていうかこれが書きたかった 爆)とかね


連射・貫通・拡散ってあるけどダメージの差はどう違うの?って思ってる人は少なからずいると思うので、そんな人の参考になればと思って書きました。
っていうか、ぶっちゃけ個人的に知りたかったので書きました(爆)

« 強敵現る?! | トップページ | ちゃちゃぶ? »

モンハン弓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90058/20713172

この記事へのトラックバック一覧です: 矢の種類ごとのダメージ量:

« 強敵現る?! | トップページ | ちゃちゃぶ? »