2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ついたー

めーる

  • コメントしづらかったり、管理人への私信はこちらへどうぞ~。 メアドは必須じゃないよ

ペット

見に来てくれた人

  • 無料・カウンター
    Today:

    Yesterday:


    エッチ無料・出会い裏dvd 販売不倫 人妻大人の玩具

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 姫はノイとガもホームステイした(BlogPet) | トップページ | まさに悲境 »

2007年3月12日 (月)

ジョニーとボブと紅龍と

07031123191440703112345036



というわけで(どういうわけ?)で、昨日は禁肉伯爵(違)改めジョニーの50試験のお手伝いに!
最後らしくお相手は紅龍です。(まぁすでにわかってると思いますが(笑)


かなり伯爵は嫌がりましたが
無理矢理連行です!
えぇ題名からでもわかるとおり二人です!
もちろん拡散祭りです!
当然3死します!!
当たり前のようにリベンジです!
お約束のごとく3死です!!
ダメ押しといわんばかりにここで竜の爪が切れます!
もう今日は諦めよう・・・そう言った瞬間に!




ピコン
救世主が街に向かっています。←管理人にはそう見えた




きたぁぁぁああああああああああ!!!!



というわけで、その救世主こと鳥(トリー)君に双剣係を押し付け
伯爵に残りの爪を全部渡し
私は一人楽な弓を使っておりました!(鬼




後半に入り
紅龍が硬化しはじめ私が役立たずになってきた頃










・・・・・・・・・・・・・・・・・・死にましたorz
ただでさえ役に立ってないのに脚まで引っ張るのか俺は。。。。



「ま、、、まだだ、、、まだ俺はやれる。。。。。。。。はず・・・・ぐはぁ(吐血」

(キャンプにて)

見たいな事を言おうとしましたが
さすがに3戦目ですし
紅龍ですし
そんな余裕はないぜってことで
心の中だけのセリフでした。


ミラ系ってチャットできないからツライのよねぇ・・・即死とか馬鹿かと
まぁアレぐらい強くないと
伝説とか
古龍観測所が諦めるとかしないですもんねぇ



まぁそんなことはほっといて
紅龍は救世主によってあっけなく討伐されてしまいました。まる。0703120137189


これでジョニーの魂も救われたと思うよ・・・・(ナニ




で、ここからはすこぶる余談

私が高校生のとき
一応進学校でしたので定期的に模試がありました。
私共の代からセンター試験でリスニングが実施され始め(あの毎年問題を起こしているリスニングです(笑))
模試でもリスニングはありました。
そんなボブと聞いて思い出した話



問題用紙には4人の男女の絵が書かれています。

A:ショートカットの長身の白人の男の子
B:パンチパーマの身長の低い黒人の男の子
C:髪がロングな白人の女の子
D:髪がロングな身長の低い白人の男の子

みたいな感じでした。

大体こういう問題は
英語で人物の特徴を言うからそれは誰でしょう?!的なものです。

私は何故かこういうのを見ると勝手に名前をつけたくなります!
というわけでAから順番に名前をつけていきます。

A:ケビンとかそんな感じだろう
B:黒人といえばボブかマイケルだろ?!
C:メアリーとかリサとかその辺じゃね?(投げ遣り)
D:ウィリアムだな。こいつは!!

というわけで順調に名前をつけ
いざリスニングです!!!


ナンタラ~~カンタラ~~~○×□※※☆▲~~~~ウンタラ~。

・・・・・・・・は?
見事に全部聞き逃しました!
でも大丈夫!
リスニング問題はもう一度チャンスがあるのです!!
さぁきたぞ!!

ナンタラ~~~カンタラ~~ボブ□※※☆▲~~~~ウンタラ~。

ん?ボブ?
ボブ!?
ボブゥゥゥゥゥゥゥゥウウウウウウ!!!!

・・・・・・・Bっと。


その後模試にはつきものの自己採点をやらなければなりません。
私はもうこのリスニングの問題は正解してるつもりでした。
が、、、、答えはDでした。。。。。。

おまっっっ!!!!ちょっとこ◆※◎○☆穂※画!!!!!

言葉にならないほどのショックでした。。。。
私の頭の中にはボブと言えば黒人で
黒人といえばボブでした。(偏見)
ここで、私の中のアメリカ人に対しての考え方がかわりました。
というか、


模試の問題作ったやつ出て来いやぁぁあ!!!!

« 姫はノイとガもホームステイした(BlogPet) | トップページ | まさに悲境 »

モンハン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90058/5667846

この記事へのトラックバック一覧です: ジョニーとボブと紅龍と:

« 姫はノイとガもホームステイした(BlogPet) | トップページ | まさに悲境 »